【体験談】勉強に最適なのは朝型?夜型?受験生時代の経験を基に解説

1 最初に

朝型と夜型どちらが良いのかについて迷っている人も多いと思います

今回は自分の受験生時代の経験を交えて、朝型と夜型どちらが自分にとって良いのかを考えました

メリット、デメリットも実際に自分が感じたことを書いていますので、嘘ではないはずです(笑)

この記事では、朝型を11時寝5時起き、夜型を2時寝8時起きとします

受験生以外の方にも少しは参考になるのではないかと思いますので、読んでいってください(^^)/

2 朝型の場合

メリット

まずは朝型にはどのようなメリットがあるのかを考えてみましょう

① 朝の時間が増える

まずは単純に朝の時間が増えて、やれることが多くなります

いつもは朝ギリギリに起きて、急いで準備をして登校していたかもしれませんが、朝型にすればそんなことはなくなります

余裕をもって登校できると、精神的にかなり楽になると思います

② 静かな時間帯に勉強できる

朝の5時といったら、普通の人は寝ている時間帯ですので、物音や喋り声も聞こえない静かな空間で勉強することができます

静かな場所で集中して勉強したい!という人にはピッタリだと思います

③ 1日が長く感じられる

8時に起きるのと、5時に起きるのでは3時間の差があります。そのため、1日の長さが長く感じられます

よく「大人になると時間が短く感じる」と言われているじゃないですか?

そう感じたら朝型にして、朝の時間を長くしてみるといいかもしれません

④ 頭がすっきりした状態で勉強できる

人は寝ている間に脳内の情報を整理します。そのため、朝は1日で一番頭が冴えているのです

朝は数学や物理などの理論系の勉強が向いていると言われており、普通なら思いつかないようなアイデアを思いつくかもしれません!

⑤ 寝不足になりにくい

なぜかというと、起きる時間を調節できるからです

例えば、本当は夜10時に寝る予定だったのが、11時に寝ることになったとしましょう

その場合朝の6時に起きるようにすればいいのです

勉強時間も大事ですが、睡眠をちゃんと取ることもとても大事なので、1日6時間は最低でも寝るようにしましょう

⑥ 朝は復習の効果が高い

夜に暗記系などを詰め込んで、朝にそれを復習すると、2倍以上の効果があります

朝型のメリットの中でこれが一番大きいと思っていて、朝復習するためだけに朝型にするというのもありだと思います

デメリット

では朝型のデメリットはどのようなものがあるでしょうか?

① 空腹になる

とにかく腹が減ります腹が減りすぎて全然集中できないということもあります

対処法としては、起きたら先に朝ご飯を食べればいいのかもしれませんが、あんまり早く食べても今度は昼まで持ちません

なので、小腹を満たせるものを用意しておくといいかもしれません

② 孤独感に襲われる

朝の5時って本当に静かで、自分しかいないんじゃないかと感じられるほどです

そのため、特に受験生にとっては孤独に感じるかもしれません

気にならないなら大丈夫ですが、少しでも気になるなら、夜型に戻すことも考えましょう

③ 寝すぎてしまう

メリットで寝不足にならないと書きましたが、逆に寝すぎてしまうことも多々あります

実際僕が一番朝型をするうえで苦しんだのはこれでした

どうしても、学校までまだ時間があると考えると、寝てしまうんですよね

睡魔って本当に抗えないので、起きようとしても寝てしまうのならば、朝型はやめておいた方がいいです

④ 集中するのに時間がかかる

すっきりと起きれた日ならば、すぐに勉強に取り掛かれると思いますが、ちょっと眠気がある日や、なんだかだるいと感じる日はすぐに集中することができません

そのため起きてから1時間後に勉強をし始めるというのもざらにあります

⑤ 日中眠くなる

いつもより3時間早く起きているため、日中眠くなりがちです

といっても、うまく夜に眠れていれば学校に帰るまでは眠くならないと思います

⑥ 家族と生活リズムが異なる

家族は普通に夜型の生活をしている場合、朝型の自分とは生活のリズムが異なることがあります

風呂の時間や、寝る時間、朝起きる時間が違うため困ることも多々あるのです

3 夜型の場合

メリット

① 家に帰ってからの時間が朝型よりも長い

学校から家に帰ってきてからの時間が朝型よりも長いです

そのため、たくさんの作業を終わらせるのに最適だと思います

② 寝すぎてしまうことがない

朝の時間にそんなに余裕がないので、寝すぎてしまうことは朝型よりはかなり少ないと思います

朝起きるのが苦手という人は夜型がピッタリでしょう

③ 新鮮な気持ちで学校に行ける

脳がクリアな状態で学校に行くことが出来ます

もし、学校に行く前に、いろいろ作業するのが嫌で疲れるという方は夜型がおすすめでしょう

④ 集中を切らすことなく長時間連続で勉強できる

①で言った通り、家に帰ってからの時間が長いので、長時間連続して作業を行うことができます

そのため、数学や物理といった時間のかかる教科の勉強には向いているかもしれません

⑤ 無駄な時間が生まれにくい

朝型は朝と夜に勉強するので、勉強を始めるまでの無駄な時間が生まれがちです

一方夜型にすると、その無駄時間を半分ぐらいにすることができます

この無駄な時間の積み重ねが受験においては結構痛手なので、勉強前にいつもyoutubeを見たり、ゲームをしてしまうという人は夜型がおすすめです

⑥ 暗記系を詰め込める

一般的に寝る前に暗記をすると、効率よく覚えることが出来ると言われています

朝型では夜寝るまでの時間があまりなく、暗記系を十分に詰め込むことができません

一方夜型ならば、暗記系以外の勉強をしっかりしたあとに、寝る前に暗記系の勉強を十分にできます

⑦ 夜が楽しい

これは僕が感じていることなのですが、夜に勉強しているとなんだか楽しい気分になってくるときがあります

そのため、夜に勉強しているとなんだかやる気が出てきて、「やるぞー!!」って感じの気分になるんですよね

もしそのように感じるならば、夜の方が勉強を楽しくやれると思います

デメリット

① 夜更かししてしまう

これが夜型の最大のデメリットでしょう

夜遅くまで起きていると、どうしても後ちょっと起きていたくなってしまいます

毎日30分夜更かしするだけでも1か月、1年と繰り返せば大きな差になってしまいます

② だらだらしてしまう

寝るまでの時間が長いので、ついつい時間があると勘違いしてだらだらしてしまいま

いくら長時間勉強しようが、集中してできなければ意味はありません

③ 眠い

部活終わりとかだと、やっぱり身体的な疲れによる眠気が半端ないです

僕も、1、2年の時はこの眠気にすごく苦労させられました

強靭な精神力をもっていなければ、寝落ちは避けられません

④ ゴールデンタイムを逃してしまう

10時~2時は成長ホルモンが一番出る時間で、「ゴールデンタイム」と呼ばれています

このゴールデンタイムは通常よりも疲れを癒し、脳を整理してくれるので、この時間を逃してしまうというのは痛手になります

⑤ 朝起きられなくなる

夜更かししてしまうというデメリットと併発するのがこれです

きちんと6時間以上睡眠時間を確保できれば問題はないのですが、ついつい「寝なくても大丈夫な気」がしてしまって夜更かしをして、朝になって後悔が襲ってきます

自分の時間管理ができない人は要注意ですね

4 朝型を実際にやってみた感想

僕は実際高校生のときに朝型に挑戦してみた時期がありました

やってみてわかったことは、僕には朝型は合いませんね!

とにかく、朝が眠い起きるのがしんど過ぎて、何度寝したかわかりませんわ

あと、全然集中できませんでした。眠いのもありますが、腹が減りすぎて勉強どころではありませんでした

僕は勉強するときは大体音楽を聴いているのですが、起きた直後に音楽を聴く気にはなれず、テンションを上げることもできませんでした

どうにか朝型に慣れようと、1、2か月ぐらいは奮闘していましたが、気づいたことには夜型に戻ってましたね

5 自分がどう感じるかが一番大事

結局朝型か夜型かというのは自分がどう感じるかが一番大事なんですよ

世間一般には朝型の方が良いと言われていたりするので、真面目な人は朝型に無理やり変えようとしてしまうかもしれませんが、合わないのであればやめておいた方が絶対良いです

でも、一回試してみることは大切だと思います。僕も朝型を試してみなければ、自分にとって朝型がどれだけきついことなのか知ることが出来ませんでしたし、良い経験になったと思っています

6 最後に

朝型か夜型どちらが良いかということを考えるのも大切ですが、結局勉強さえすればどちらでもいいのです

 

効率の良い勉強法を調べまくって、勉強した気になっていたら本末転倒です

本来の目的を見失わないようにしましょう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です