部活をやめたい人に!部活をやめるとどんなメリット・デメリットがある?

こんにちは、ラクトです

今日は部活をやめると良いこと/悪いことについてお話します

僕自身も部活をやめようか悩んでいた過去があるので、少しは参考になるのではないかなと思います

こんな人におすすめ
・部活を辞めたいと思っている人
・受験のために部活を辞めるのは良いかどうか悩んでいる人

1 部活を辞めるメリット

1 時間ができる

まずは時間ができます。当たり前ですよね

例えば夏休み

部活に入っていると、午前練習が週5、6であったり、土日には練習試合や大会があるため自由に使える時間は思ったよりありません

しかし、部活をやめるとどうでしょう?

夏休みが35日(5週間)、お盆休みが1週間、週5で4時間の午前練習、2週間に1回土曜日に大会もしくは練習試合が1日中(9時間)あると仮定すると、

なんと夏休み間だけでも98時間も自由な時間が増えるのです!

これがもっと練習がきつい部活だと、150~200時間ぐらい変わってくるのではないでしょうか

これだけ時間があれば、さまざまなことに挑戦したり、時間をかけることができそうですね

夏休みだけでこれだけ差がつくので、1年や2年の場合どれだけ大きな差がつくかは容易に想像できますよね

これが部活をやめることによる最大のメリットです

2 疲れない(身体的に)

次は部活をやめると部活による身体的な疲れをなくすことができます

自分はこれも結構大事だと思います

というのも、僕は中高で部活に入っていましたが、午前練習が終わり家に帰って勉強しようとすると、ほぼ毎日練習による疲れで睡魔が襲ってきます

身体が疲れているときの睡魔は退屈な時に襲ってくる睡魔とは格段に威力が違くて、抗いようのない欲求に僕はいつも身をゆだねてしまっていました

なので、部活をしなかったらもうちょっと勉強に集中することができたかもしれないと思うのです(このことに関することを後述します)

この身体的に疲れないというのもかなり大事なメリットになります

3 疲れない(精神的に)

次は、精神的に疲れないことです

これは結構人によると思うのですが、僕が部活で精神的に疲れた経験があるので書かせていただきました

部活は楽しくやれればそれが一番だと思うのですが、楽しいだけではないと思います

 

例えば、大会に向けて一生懸命練習しているけど、うまくいかず、プレッシャーを感じて、夜も眠れない、食事も喉を通らない

そういう経験をした人も多いのではないでしょうか

僕はそうでした

特に僕はいつもプレッシャーを感じていました

練習試合や大会になると、ものすごく緊張して、慎重になりすぎて思い通りのプレーが出来なかったり、試合をするのが嫌と思う日がよくありました

僕的にはこのプレッシャーによる精神的な疲れはとても大きかったと思います

今でこそ、あのプレッシャーを糧に頑張れたりもするわけですが、当時はそんなことを考える余裕もなく、ただ苦しみに耐えていました

なので、前述のとおり人によるところが多いのですが、部活をやることによる精神的な疲れが深刻な人などは部活をやめることで、安らぎを得ることができます

4 お金がかからない

最後はお金がかからないことです

中高だとそんなにお金のかかる部活はないと思いますが、それでも年に数万は変わってくる話です(大学だと数十万とか変わったりしますけど)

このメリットのためにやめるという人はほとんどいないと思うので、これはおまけみたいなものです

まとめると
・時間が出来る・疲れない(身体的に)
・疲れない(精神的に)・お金がかからない

2 部活を辞めるデメリット

1 退屈になる

1つ目は退屈になることです

メリットの1つ目に時間ができることと書きましたが、それはすなわち時間を持て余すことも増えてしまうということです

何時間も没頭していられるような何かがあれば大丈夫だと思いますが、大体の人はその膨大な時間をゲームやyoutubeを見てダラダラと過ごすことになるでしょう

退屈な時間というのは思ったよりも精神がやられるものでして、どこまでも堕落していってしまいます

時間管理がきちんとでき、毎日やることを明確にできている人は問題ありませんが、そうでない人はこのデメリットに自分は適応できるのかをちゃんと考えた方がいいでしょう

2 運動不足

2つ目は運動不足になることです

学生時代は自分の体を鍛える絶好の機会であり、高校を卒業したら運動をする機会が大幅に減少してしまいます

中高生のうちに体を鍛えておかないと、免疫がうまくつかず、「あの頃運動しておけばよかったなぁ」と後悔することになると思います

なので、部活をやめたとしても、日々運動することを心掛けましょう

家で筋トレをするとか、毎日5km走るとか

自分で運動することができればこのデメリットはあまり考えなくても良いです

3 交友関係が切れる

3つ目は交友関係が切れてしまうことです

これは結構大事なことなんじゃないかなと思います

やめた後もずっと仲良くいられるよ!」と思う人も多いかと思いますが、実際はどうでしょうか?

例えるなら、去年まで同じクラスで仲の良かった友達とクラスが変わったらあまり話さなくなるのと同じでしょうか

出会ってもう何年も経っているような親友とはいつまでも仲良くいられますが、部活仲間は出会ってまだ1、2年ほどしか経っていません

なので、部活では仲良しだったけど、部活をやめたら話さなくなったというのも大いに考えられます

僕は部活に行くメリットで、「友達ができるという」のが結構大事だと思っています

だって、一緒に大会に出たり、合宿に行ったり、毎日遅くまで練習をするんですよ?

部活でできる友達はクラスでできる友達よりも過ごしてきた時間が濃密なため、深い仲になることができると思います

実際僕自身も、普段遊びに行く友達は部活で仲良くなった人がほとんどです

部活の友達は結構大事だよということを理解しておいてほしいです

4 受験に影響する

最後は受験に影響を及ぼすことです

これはどういうことかというと、部活を途中でやめた人は受験がうまくいかないよということです

もちろん全員が全員そうなるわけではありません

例えば、部活をやめる人を2パターンに分けてみます。片方は、勉強も毎日まじめにやっていて成績優秀な人。もう片方は、勉強をあまりやってこなかった人

勉強をまじめにやってきた人は部活をやめてからはその余った時間を勉強に費やすことが出来る可能性が高いです。なぜなら今まで部活と勉強の両立がしっかりできていたからです

反対に勉強をあまりやってこなかった人は部活をやめたらその分だらだらします

当たり前です。今まで勉強していなかったのに部活をやめたら急に勉強をやるなんてことはないですよね

事実僕の周りには、部活をやめてから勉強がうまくいっていない人がほとんどでした

ここは強調しておきたいのですが、

中途半端な気持ちで部活をやめると勉強はうまくいきません!

なので、部活が嫌になってやめる場合はちゃんとやめた時間に何をやるのかを考えてからやめるようにしましょう

中途半端ではだめです

まとめると
・退屈になる・運動不足
・交友関係が切れる・受験に影響する

3 まとめ:メリット・デメリットをよく考えて判断しよう!

ここまでいろいろ書いてきましたが、僕は部活をやめるのも続けるのもどちらでも良いと思ってます

どうしても部活が嫌でやめたいという人を止めるつもりもないです

しかし、上記のようなメリットデメリットをちゃんと考えないと、やめた後から後悔しても取り戻すのは難しいです

あと、受験がうまくいかないのは本当にそうだと思っているので、よく注意してください

また、部活をやめずに続けたということは受験期に心の支えになったりします

結局はちゃんと考えをもっていれば大丈夫というお話でした(‘ω’)ノ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です