「大学の単位落とした!」確認すべきことと、今後どうするべきかを解説

こんにちは、ラクトです(‘ω’)ノ

今回は、

やばい!単位落とした!

という大学生に向けて、すぐに確認すべきことと、今後どうするべきなのかを解説します

1 まずは落とした授業をよく確認する

簡易的な図を作成しましたので、まずは、単位を落とした授業がどれに当てはまるのかをチェックしてください

① 必修科目かどうか

まずは、必修科目かどうかか一番大切になってきます

なぜなら、必修科目でないならば、別にその授業の単位は取らなくてもいいからです。なので、必修科目でないのならば単位を落としたからといって、焦る必要もありませんし、取りなおさなければならないということもありません

逆に、必修科目で合った場合、優先度は急激に上がります。というのも、必修科目は文字通り「必修」なので、単位が取れなければ卒業が出来ないのです!これはまずい!!

ということで、落とした単位が必修科目でない方はここでおしまいです。必修科目である方は引き続きどうぞ

② その授業の単位はいつまでに取らなければいけないか

次は、その授業の単位が進級に必要かどうかを確認しましょう

例えば、2年生になるのに、Aという授業の単位が必要ならば、なんとしてでも1年生の間に単位を取得しなければなりません。1年生の間に取れなければ留年ですから死に物狂いで取らなければいけません。

次は、卒業研究を始めるのに必要かどうかを確認しましょう。

卒業研究とは、4年次に1年間を通して行うものなのですが、この卒業研究を始めるにはいくつかの条件があり、必修科目は大体卒業研究を始める条件に入っていることが多いです。

なので、まだ1、2年ならば猶予はありますが、3年生の場合すぐに単位を取らなければ卒業研究に着手することが出来ず、留年となります

③ コース配属や研究室配属にその授業の成績が使われるか

次は、コース配属や研究室配属に使われるかどうかを確認しましょう

コース配属というのは、2、3年次に学部の中でさらに分野別にそれぞれのコースに分かれることで、成績が良い人から順に希望のコースへと分けられます。

要は成績が悪ければ自分の全く興味のないコースに入れられることがあるということです。

また、研究室配属は3年次に行われ、こちらも成績順に所属する研究室を決めていきます。こちらも成績が悪ければ1年間全く興味のない研究をすることになってしまいます

④ 自分の進みたい分野の授業か

次はその授業は自分の進みたい分野に関係しているかを確認しましょう

もし関係していないのであれば、とりあえず評価はAでもBでもCでも何でもいいので単位をすぐに取れればよしです

しかし、関係しているのならば、ある程度はその授業の内容を理解しておかなければなりません。というのも、将来折角自分のやりたい道に進んだのに、知識がなくて何も分からないというのは非常にまずいからです

なので、自分の進みたい分野の授業なのであれば、高成績を取るつもりで臨んだ方が絶対良いです

2 大学1、2年生ならば十分挽回できる

上記より、3、4年生で必修科目を落としたらやばいというのは何となく掴めたかと思いますが、1、2年生であればこれから全然挽回可能です!

特に1年生の場合は、まだコース配属もないと思うので、コース配属までに間に合わせるように単位を取得していければいいと思います

しかし、まだ挽回できるといっても、周りとは差がついているのが現実です。周りに追いつこうと思うならばそれなりの努力が必要ですので覚悟しなければなりません

また、行動に移さなければ意味はありませんので、この記事を見たらすぐに行動するようにしていただきたいです

3 これからどうするべきか

ではこれからどうすれば単位を落としたツケをチャラにできるかということを解説しましょう

この内容は結構初歩的なことを言っているので、「そんなん分かり切ってるから、どうやったらテストを楽に切り抜けられるか教えてくれ!」という方は以下の記事を参考にしてください!

① このままではやばいという意識をしっかり持とう!

まずは、「このままではやばい!」という意識をちゃんと持ちましょう

というのも必修科目を落とすって人は0人に1人とかそれぐらいしかいません。僕の大学の友達で必修科目を落としたって人は誰一人としていません。つまりそれぐらいヤバいことをしでかしたのです

もしヤバいという気持ちがまだ湧かないのでしたら、それ自体が相当ヤバいです。

しっかりと当事者意識を持つことから始めましょう

② 将来の目標を決める

次は、目標を決めましょう。というのも、目標がなかったら何のために勉強するのか分からないですよね?そんな状態で勉強しようったって意欲が湧いてこないのも当然です

だから、「将来IT関係の仕事がしたい!」ですとか、「建築家になりたい!」といった目標を立てましょう。「お金持ちになりたい!」とか、「安定した職に就きたい!」でも全然okです!

もしそういう目標が思いつかないのでしたら、「単位を落とさない」ことを目標にするのもいいでしょう

とにかく、授業の単位を取らないことで将来何が実現できなくなって、どんな不利益を被りそうなのかをちゃんと考えることが大事です

③ 授業にちゃんと出席する

自分はヤバいという当事者意識を持って、将来の目標が決められたならば、まずはちゃんと授業に毎回出席しましょう

なぜかというと、授業に出席するだけで出席点というものが貰えます。この出席点100点中10点とかそれぐらいしかないものですが、この10点を疎かにするから単位を落とすのです。

また、「授業にちゃんと出席する」という意識を持つことが出来れば、自然と勉強に対する意欲も向上します

まずは基本中の基本から始めることが大切です

4 最後に:このままだと絶対後悔します

必修科目の単位落としたけどまぁいっかーーハハハハ」という気持ちでいるのでしたら、将来絶対後悔しますよ。

それならば大学をやめて自分のやりたいことをやっていた方が100倍マシです。

今しかない時間ですので、大切に使ってくださいね

この記事を見て、少しでも多くの人が「変わらなきゃ」と思えたならばとても嬉しいです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です