<豆知識> 文字認証の仕組みとは

今日は文字認証の仕組みについて書きたいと思います

① 文字認証とは?

no title

このようなグニャグニャした文字を読み取り、入力することで、入力者が人間であることを確認する技術のこと

この文字認証という技術は「CAPTCHA」ともいわれます

CAPTCHAは1997年にAltaVistaのアンドレイ・ブローダーとその同僚たちによって開発されました

同じようなものに画像を選択するやつとかもありますよね

        画像認証が出来ない人のイラスト(選択型)

こんな感じのやつ(笑)

これも文字認証とは同じような機能をもっています

主観ですが、何となく画像認証の方がコンピューターは突破しやすいんじゃないかな?と思ったり。パターンで認識すれば簡単そうなので

② 文字認証の仕組み

このグニャグニャとした文字をコンピューターが読み取ることは難しいため、読み取れるユーザーはコンピューターではないと判別ができるというわけ

しかし、最近では文字認証を高度化しすぎたために、下の画像のように人間でも読み取るのが難しい文字を表示してしまうこともあるそう

f:id:krrk0:20190821193001j:plain

画像まだまだ読める方で、中には本当に全く読めない文字が表示されることも

あるそうな…..

筆者が出会ったのはこのようなものぐらいでした

f:id:krrk0:20190822182240j:plain

これなら簡単に読めますよね

筆者自身も様々な文字認証に出会ったことがありますが、幸いにも全く読めないものには出会ったことがありません

ですが、この記事を書いているとちょっと出会ってみたい気分にもなりました

実際に全く読めない文字が出されたらイライラしそうですけど(笑)

探しても出会えるようなものではないので、会えたらラッキーぐらいに考えておきます

③ 文字認証の今後

コンピューターには読み取れないとされてきた文字認証ですが、米ベンチャー企業が簡単に文字認証を突破できるAIを開発したと発表しました

このAIを使った実験では、実に66%の文字認証を突破することができたそう

今後文字認証が完全に機能しなくなる日も近いかもしれませんね

最近はAIの技術がどんどん発展していて、AIが人間を超えるということが現実味を帯びてきた気がします

それでは今回はこのへんで  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です