【必見】眠くて作業が進まない…そんな時にすぐにできる眠気覚ましを紹介!

こんにちは、ラクトです。

家で勉強しようとしてもすぐに眠たくなってしまう…

大事な会議なのに眠くて仕方ない…

このように眠気に悩まされている人は大勢いらっしゃると思います

今回は眠気を覚ましたいときに役立つ方法をいくつか紹介したいと思います

これさえ見れば、これからは眠くてもすぐに眠気を解消できるようになります!

1 逆立ちをする

いきなりぶっ飛んでるかもしれませんが、逆立ちをすることで眠気が覚めます

なぜ覚めるかというと、逆立ちをすると、脳に血液が多く送られ、脳が活性化されるためです!

逆立ちなんてできないよ!という人は椅子に座って後ろにぐ~と体を倒すだけでも大丈夫です!

2 音楽を聴く

これは結構やっている人いるのではないでしょうか?

勉強しているときになぜ眠くなってくるかといえば、刺激がないからです!

てことは、刺激さえ外部から取り入れてあげれば勉強にも集中できるようになります

僕もよく勉強中や作業をするときに音楽を聴いており、とても助けられています

さらに、好きなアーティストの曲を聴きながら勉強すると、勉強の苦痛が和らげられる

ので本当におすすめです!

3 シャワーを浴びる

お次はシャワーです

そもそもなぜ眠くなるかといえば、副交感神経が働くためであって、それならば交感神経を刺激してあげればいいのです

シャワーを浴びると、体温が上がり、交感神経が活発になり、眠気が覚めていきます

さらに、気分転換にもなり、ストレスが軽減されるので、煮詰まっているときにピッタリだと思います

僕的には風呂に入るのはやりすぎだと思います。風呂に入ると、体温が熱くなりすぎて、体温が下がってきたときに逆に眠くなってしまいます

なので、普通の温度のシャワーを1、2分軽く浴びるのが良いと思います

4 息を止める

これはどこででもできるので、知っておいて損はしないと思います

よく眠い時に腕をつねったり、顔を叩いたりするかと思いますが、痛みってあんまり眠気覚ましには効果がないんですよね

では息を止めてみたらどうでしょう?呼吸は人間が生きていく上でなくてはならないものです

それが止められているわけですから、体が何とかしようと働きかけてくるのです

コツとしては、出来る限り限界まで息を止めることです。

少し止めるだけでは全く意味はありません。苦しくなってくるぐらいまで止めることが大切です(本当にヤバくなったらすぐやめてくださいね)

1回やるだけではまたすぐに眠気が襲ってくるかもしれませんが、2、3回やっているとだんだん眠気も覚めてくると思います

5 軽く運動する

こちらも交感神経を活発にさせることが目的です

運動は眠気を覚ますだけでなく、リラックス効果があり、疲れた脳を癒してくれます

ただ、しっかりと運動するのはやめてください。今度は身体が疲れて身体疲労で眠くなってしまいます

目安としては、軽く10分程度ジョギングをするぐらいです

6 簡単な作業をする

大体眠くなるのって、難しいことや理解できないことを聞いたり、しているときです

脳が対処しきれなくなって、逃げようとしてしまうのです

そのため、簡単で、何も考えずにできるような作業をやると脳にやる気が戻ってきます

例えば、部屋の掃除とかいいですね。部屋を掃除すると、作業の効率が上がりますし、何より気分がいいです

簡単な計算をするとか、漢字の練習をするとかでもいいと思います

7 人と話す

これもかなり効果あると思います。

考えてほしいんですけど、講義を聴いているとめちゃくちゃ眠くなりますが、ペアワークとか、グループワークをやってる時ってあまり眠くなりませんよね?

そう!人と話しているとそれだけで眠気が消えていくんですね

なので、眠くなったら、友達と話したり、家族と話したりするといいと思います

8 ゲームをする

一回辛い勉強なんか忘れてゲームしましょ!

ゲームは刺激の宝庫で、目からはライトや映像の刺激、耳からは迫力のある音という感じなので、眠気が飛ぶのも当たり前なんですよね

でもやりすぎには注意してくださいね(笑)本末転倒にならないように!

9 楽しいことをする

さっきのゲームしかり、楽しいことをしているときは眠くなりません!

絵を描くのが好きなら絵を描けばいいし、食べるのが好きなら食べればいい

とにかく自分の好きなことをして気分をリフレッシュしましょう!

これも本末転倒にならないように注意が必要ですね!気づいたらずっと絵を描いていたということにならないように!

10 30分寝る

結局これが一番効果がありますよね

眠くてもなんとか頑張ろうとする人がいますが、どうしても眠気が取れない時はもう寝るしかありません!

でも3時間とか寝てたら時間がなくなってしまいますから、寝るのは30分です!

なぜ30分かというと、これより長く寝てしまうと眠りが深くなってしまって、かえって眠気が増すということになってしまうからです

また、ポイントは机に突っ伏して寝ることです!間違えてもベッドで寝ようだなんて思わないで下さい!絶対寝過ごします(笑)

もうワンポイントとしては、寝る前にコーヒーを飲むといいです

コーヒーってカフェインが効いてくるまでに30分ぐらいかかるらしくて、起きるぐらいのときにちょうど効いてくるので、すっきり起きることができます!

Point!
・机に突っ伏して寝る
・寝る前にコーヒーを飲む

最後に:しっかり睡眠をとることが一番大事

今回紹介したような眠気覚ましをうまく活用すればもう眠気に悩まされることもなくなると思います

しかし、結局一番大事なのはしっかり睡眠をとることですからね!4時間しか寝てないのに、「眠気が…」とか言ってるのは当たり前ですからね!(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です