【大学受験の本質】勉強は質より量が大事!理由をわかりやすく解説

 こんにちは、ラクトです(‘ω’)ノ

今回は勉強は質より量が大事ということについて書きたいと思います

1 なぜ質より量なのか?

まず初めに質より量が大事な理由を紹介します

 

人間は物を忘れる生き物です

 

昨日食べた夕飯を忘れるのはよくあることで、つい数分前のことも忘れてしまいます

 

エビングハウスの忘却曲線というものを聞いた事があると思います

f:id:krrk0:20191016213213p:plain

こういうやつです

世間では一般的に「時間が経つごとにどれだけ記憶しているか」という風にとらえられていますね

実際は「一度記憶したことを再度思い出すのにどれだけの時間を節約できたかを示すグラフ」だったりするらしいです(どっちかは確証がないです)

しかし結局前者のような考えでも間違いではないと思います

本題に戻りますと、エビングハウスの忘却曲線によると、

1時間後には56を忘れ

1日後には74%を忘れ

1か月後には79を忘れる

これに示されているように人はすぐに忘れてしまうので、いくら一生懸命に覚えようとしても明日には忘れています

なので、忘れたころにまた思い出すことが大事になってくるんですね

2 覚えるためには忘れることが大事

物事を記憶するためには忘れるという過程を挟まなくてはいけません

 

忘れたことをまた覚えなおすことで脳が活性化し、記憶が強固になっていくのです

とはいっても、一度覚えたことを次の日に忘れているとイライラしますよね

もう一度覚えなおさなくてはいけないのでめんどくさくもなります

しかし、そこで投げ出すのではなく、記憶を強くするためのチャンスだと思いましょう

忘れたことを思い出す作業が楽しく感じればもうこっちのものです

3 量をこなすことで質が上がる

どんな勉強でも最初は何をどのように学べばいいのかわかりません

とりあえず何でもいいから初めて見ることが大事です

数学でもよくわからないけど問題をこなしていると、何となく勉強の「コツ」がつかめてきます

そうして「コツ」をいろいろ知り始めると、やった方が良い問題とそうではない問題の見分けがつくようになります

そうして成績が上がりやすい「質の高い」勉強ができるようになります

とはいっても簡単にコツはつかめません

どんな問題があるのかを知らなければ、テストで出るような問題を見極めることはできませんし、解き方がインプットされていないので、時間もかかります

なので、まずは量をこなすことが大事なのです

質を求めるのは量をこなしてからです

4 量から逃げるな!

これは全国の受験生に言いたいのですが、量をこなすことから逃げてはいけません

量をこなすことは質を求めることよりも難しいと思います

だって、問題集を20周しなければならないと言われたら、最初はやる気があるかもしれませんが、すぐにめんどくさくなってしまいます

逆に問題集1周を丁寧に深く掘り進めながらやるのは、やらなければならない問題数が少なく、1日2問程度で済むので、まだ気が楽だと思います

しかし、何度も言うように、人はものを忘れる生き物なので、何度も何度も繰り返さなくては記憶に定着されません

 

実際、難関大学に合格するような人たちはそれ相応の量をこなしていますし、それに呼応して質も高い勉強をしていると思います

だから受験生は、つべこべ言う前に、まずは量をこなすことをおすすめします

単語帳20周もすればほぼ覚えてますよ

5 最初から質を求めるのは疲れる

最初から質を求めてはいけません

 

新しく勉強を始めるときに、効率よく勉強することを目指していろいろと勉強法を調べるなりして、質を高めようとすると思います

そりゃあせっかく勉強するので効率よく勉強したい気持ちもよくわかります

選択を間違えたくはないですもんね

しかし、そうこうしているうちに、最初の一歩を踏み出すのに時間がかかってしまい、すっかり熱も冷めきっているということにもなりかねません

また、質を求めるあまり、理想だけが高くなり、うまくいかないことに絶望してしまうかもしれません

結局どんな勉強法をしようが、確実に前には進んでいるはずなので、進んだ後で遠回りいていると感じたら、途中から軌道修正すればなんとかなります

まずは一歩踏み出してみることが大事です

6 まとめ:量をこなすことが大学受験においては確実なルート

量をこなすのは大変ですが、確実なルートだと思います

受験生の皆さんにはぜひ量をこなすことを意識してほしいです

ある程度なれてきたらすらすら問題が解けるようになってくるので楽しくもなってきます

それまでの辛い期間をどう乗り切るかが重要です

受験勉強頑張ってください!応援しています!

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です