【読まないと損】勉強してもテストの点数が上がらない…理由と対処方法をお教えします!

こんにちは、ラクトです(‘ω’)ノ

今回は「いくら勉強してもテストの点数が上がらないよ…」という方に向けて、どうやって勉強すれば点数を上げることが出来るのかを解説しました

1 勉強してもテストの点数が上がらない…

いくら勉強しても点数が上がらない…

そう悩んでいる人も多いと思います。僕も同様の悩みを抱えてきました

「自分はこれだけ勉強してるのに、勉強してないあいつは何で点数が高いんだ!」という思いを抱えている人もいらっしゃるでしょう

しかし、「やっぱり勉強って才能なのか…」と考えてしまってはいけません!

 

今回は自身の大学受験の経験を基にして、どうして勉強しても点数が上がらないのか?点数を上げるためにはどうすればいいのか?を解説したいと思います!

2 今回のポイント

ポイントを先にまとめておきます

時間がない人はこれを見るだけでも、全体像はつかめます

① 繰り返し同じ問題を解く

② 覚えるべき問題、簡単な問題は時間をかけない

③ 難しい問題、応用力の試される問題はじっくりと考える

④ 問題演習の絶対量を増やす

⑤ 「勉強した」の基準を上げる

⑥ 覚えた気にならない

⑦ インプットよりもアウトプット重視

⑧ だらだらしない!眠いなら寝る!

3 なぜ点数が上がらないか?

ではなぜ勉強しているのに点数が上がらないのか?

それは以下の5つのことに起因します

① 繰り返し同じ問題を何度も解いていない!

まずはこれです。

1回解いただけで満足せずに、2回目、3回目と復習していますか?

人間は何度も繰り返すことで物事を覚える生き物です。自転車だって何度も転んでやっと乗れるようになるんです

それなのに、間違えた問題を答えを見て解けるようになったと思い込んで、復習しなかったら絶対に同じ問題が出た時に解けません

自分の持ってる問題集はどうですか?2、3周してますか?

1周目は誰でも時間さえかければちゃんとやるんです。でも、2周目、3周目になると、さぼりたくなって、「多分覚えてるやろ!」と勝手に判断してしまうんですよ

この「多分」ほど信用できないものはありません。

というか1回解けた問題であったも間が空いてしまうと解けなくなるんですよ。

だから、問題集を何周もやるって本当に大事です。これだけで定着率は相当変わりますよ

② 1問に時間をかけすぎている!

特に数学!1問に1時間とかかけてませんか?

もちろん難関大の問題などに1時間かけるのなら全然okです

 

しかし、普通の問題集の問題で1問1時間かけてるのは絶対に効率が悪いです!

例えば、有名な青チャートという問題がありますが、余程難しいやつを除けば、1問1時間かかるようなものはないはずです

で、何で1時間もかけてしまうかといえば、学校の先生とかに「数学は最後まで答えをみるな!」と言われたり、「数学は自力で答えを導き出すのがかっこいい!」と思っているのが原因なのだと思います

いやいや!それは入試レベルの問題に当てはまるものですよね!?

青チャートの問題はすべての問題の基礎になる問題、つまり解けるようになっていなければいけない問題なわけです

もっと言えば覚えるべき問題なんですよ!どれだけ時間をかけて答えを出したって、最初から答えを見て解き方を覚えるのと変わらないんですよ

結局何が言いたいかというと、時間をかけるべき問題とかけるべきではない問題の区別ちゃんと付けましょうってことです!

Point!
・覚えるべき問題、簡単な問題は時間をかけない
・難しい問題、応用力の試される問題はじっくりと考える

この2点を守ることが大切なんです

③ 問題演習の絶対量が足りない!

勉強してるのに全然点数上がらないよ~(:_;)と言っている人の大半は単純に勉強量が足りません

「嘘だ!」と思う人は周りの勉強できる人たちにどれだけ勉強してるか聞いてみるといいと思います

多分自分の何倍もやってますよ

勉強があまりできない人の「勉強した」基準って低いんですよね

例えば、勉強できる人の「勉強した」基準が1日に12時間勉強だったとしたら、あまり勉強できない人の基準は1日に3~4時間とかなんですよ

だから、勉強できる人の「今回全く勉強してない~」を真に受けると、裏切られた気になるんですよね。そもそもの基準が違うんですよ

で、問題演習どれだけやってますか?数問、数ページ解いただけで満足してませんか?

問題演習の量を2倍にすれば、絶対に成績は上がりますよ。当たり前ですが

④ 覚えた気になるな!

これも結構やってる人多いと思います。というかほとんどの人はやってしまっています。もちろん僕もですが

覚えた気になっている状態ってどういう状態かというと、解けると思い込んでいる状態です

これは①の「繰り返し同じ問題を何度も解いていない!」に関係してますね

例えば、あなたは英単語をどうやって覚えていますか?

ただ眺めるだけで、覚えた気になっていませんか?もしそうしてるなら英単語テストの点数悪いですよね?

大事なのは、アウトプットすることです

全然単語覚えられない~(:_;)って人はインプットばかりでアウトプットを全然していないんです

例えば、英単語をどうやって覚えればいいかというと、

ざっと何回か英単語の意味を見る→隠して意味を言えるようになるまで何周も繰り返す

これだけです

ポイントは「隠す」ことです。答えを隠して、自分の頭から答えを引っ張りだせるようにすることが重要です

⑤ だらだらしない!眠いなら寝る!

1問解くごとに、youtube見たり、ゲームに逃げたりしてませんか?

勉強って長くやればやるほど集中していくものなんで、少しやって休憩、少しやって休憩してたら自分の集中力を完全に出し切ることができません

人間の集中力の限界は15分と言われていたりしますが、これはちゃんと集中している場合です。普通はいきなり集中なんてできないんですよ

また、眠たいのに勉強しようとしていませんか?

もし、眠気が少しでも勉強の妨げになっているのなら、15分か30分寝た方がいいです

だらだら2時間眠い中やるよりは、30分寝て、残りの1時間半勉強するほうがはるかに集中でき、効率的です

でも、真面目な人ほど、眠くても勉強しようとしちゃうんですよね。そこは一回自分の殻を破って、思い切って寝てみることが大事だと思います

4 最後に

勉強って意外と軽く考える方がうまくいったりします

「眠いから寝る!」っていう人って一般的には「だらしない」と思われたりするのですが、実はそっちの方がよっぽど効率よく勉強できたりするんですよね

大切なのは、視野を狭めないことです。今、自分は何をしなければならないか、本当に重要なことは何か、を広い視野で考えることが大切です

今回紹介したポイントを理解して、自分の勉強を見直せば、確実にテストの点数は上がると思います

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です