【完全版】Adobe Creative Cloudの学生プランの全てを解説!|割引セール・無料体験・購入方法など

アイキャッチ

Adobe Creative Cloudの学生プランは「PhotoShop」や「Illustrator」などのAdobeアプリのセットを学割価格で利用することができるプランです。

この記事を読めば

  • 学生プランってどんなプランなの?
  • 学生プランよりも更に安く買う方法はない?
  • 無料体験の利用方法を知りたい!
  • 学生プランの購入方法を分かりやすく教えて!

といった悩みは全て解決されます。ぜひ最後までご覧ください。

Adobe Creative Cloudの学生プランとは?

Adobe Creative Cloudの学生プランとは「PhotoShop」や「Illustrator」などのAdobeアプリ20個以上をまとめた「Adobe Creative Cloud コンプリートセット」を学割価格で購入することができるプランです。

注目すべきはその驚きの安さで、通常の個人プランは月6480円なのに対し、学生プランは1年目1980円、2年目以降は3278円で購入することができます。

プラン別の月額・年額・割引率

特に1年目の安さは凄いですね。Adobe Creative Cloudにはいくつか購入方法があるのですが、まだ学生プランで購入したことがない場合は、迷わず学生プランで購入すればOKです。

ちなみに、個人プランも学生プランもサービス内容は全く同じです。

利用できるソフト一覧

Adobe Creative Cloudの学生プランを購入すると以下のソフトを自由に利用することができます。

・Acrobat Pro
・Acrobat Reader
・Adobe Express 
・Aero
・After Effects
・Animate
・Audition
・Bridge
・Capture
・Character Animator
・Dimension
・Dreamweaver
・Fill & Sign
・Fresco
・Illustrator
・InCopy
・InDesign
・Lightroom
・Lightroom Classic
・Media Encoder
・Photoshop
・Photoshop Camera
・Photoshop Express
・Premiere Pro
・Premiere Rush
・Scan
・XD

まさに何でもできるコンプリートなプランですね

特定のソフトだけを買うことはできる?

学生プランは「Adobe Creative Cloud コンプリートセット」しか選択肢がないため、どれか特定のソフトだけを学割価格で購入することはできません

学生プランは1年目が月額1980円なので、1980円以下のソフトであれば個人プランで購入した方がお得です。

1980円以上のPhotoshopやIllustratorといったアプリだけを使いたい場合は、結局学生プランで「Adobe Creative Cloud コンプリートセット」を買った方がお得ですね。

2年目以降の場合、学生プランは3278円なので、PhotoshopやIllustratorといったアプリだけを使いたい場合は個人プランで単体で購入した方がお得です。

1年目の場合と2年目以降の場合の特定のソフトだけおすすめの買い方

Adobe Creative Cloudの学生プランは割引セールで更に安く買える

ただでさえ安いAdobe Creative Cloudの学生プランですが、実は時々「割引セール」が開催されており、更に安い値段で購入できるときがあります。

セールでは、学生プランが個人プランの約72%割引で購入できます。個人プランが6480円のままなら、約1814円で購入できるということです。

学生プランは初年度69%割引だったので、更に3%安いわけですね。

ただし、このセールは学生プランを始めて購入する人限定です。

  • 現在学生プランを利用中の人
  • 過去に学生プランを購入したことがある人

は対象外なので注意してください。

2022年の現在までに開催されたセールは以下の通りです。

2022年の学生プランのセール時期
  • 2月21日 ~ 3月4日(春トクSALE)
  • 3月23日 ~ 3月31日(学割SALE)
  • 4月21日 ~ 4月28日(祝!新学年応援セール)

また、2021年に開催されたセールは以下の通りです。

2021年の学生プランのセール時期
  • 3月25日〜3月31日(学生プラン限定セール)
  • 4月21日〜4月28日(学生プラン限定セール)
  • 11月15日〜11月26日(Black Fridayセール)

2021年のセール情報を基に考えると、次の学生プランのセールは2022年11月後半と推測されます。

Adobe Creative Cloudの学生プランの無料体験

Adobe Creative Cloudの学生プランには7日間の無料体験があります。

学割価格とはいえ、学生にとってはかなり高額な買い物なので、無料体験で使い勝手を確認しておきたいですね。

まず、無料体験には以下のような注意点があります。1つ1つしっかり確認してください。

無料体験の注意点
  • クレジットカードが必要
    製品版ではクレジットカード以外の支払い方法もありますが、体験版ではクレジットカードが必ず必要です。
  • 日付の設定、時間の設定などを変更すると、無料体験が強制的に終了される
    時間をズラしてずっと使い続けることはできません
  • 体験版アプリ内のファイルやプログラムに変更を加えようとすると、無料体験が強制的に終了される
  • 体験版アプリの削除や再インストールをすると、無料体験が終了する場合がある
    間違えて消してしまわないように注意しましょう
  • 体験版アプリを削除した後、再インストールをしても、体験期間を延長することはできない。ただし、他のパソコンでもう一度体験版を利用することはできる
    無料体験は1つのパソコンにつき1回までです
  • 体験版を商用目的で利用することはできない
    製品版は商用利用が可能です

    出典:[購入ガイド] 体験版のご利用方法について

無料体験の手順

それでは無料体験の手順を説明します。

手順①:「Amazon Creative Cloud 学生プラン 購入ページ」にアクセス

手順②:「無料で始める」をクリック

手順③:メールアドレスの入力

※〇〇@✕✕.ac.jpなどの学校用のメールアドレスがある場合は、そちらを入力してください。購入資格の証明になります。

もし、学校用のメールアドレスを持っていない場合は、後々、学生証や学生手帳などの購入資格証明書類の提出を求められる場合があります。

出典:[購入ガイド] 学生・教職員個人版のご購入資格について

入力が終わったら、「続行」をクリックしてください

手順④:お支払情報を入力

無料体験なのにクレジットカード情報を入力する必要があるのは、無料体験が終わったら自動的に製品版に移行するからです。

また、自動的に料金を引き落とすため、支払い方法はクレジットカードしか選択できません

製品版はクレジットカード以外にも支払い方法があるので、クレカがない人は製品版を購入してください。

月々払いの場合は、そのままクレジットカード情報を入力してください。

一括払いに変更する方法

「年間プラン(月々払い)」をクリックし、「年間プラン(一括払い)」をクリックすると、変更されます

手順⑤:在籍中の学校の情報の入力

入力が終わったら、「無料体験を開始」をクリックしてください

手順⑥:パスワードの設定

パスワードの設定が終わったら、Creative Cloudアプリのダウンロードが開始されます

以上が無料体験の手順になります。

無料体験の解約

無料体験のスケジュール
引用:Creative Cloud サブスクリプションの条件と返金ポリシーについて

無料体験が終了すると、自動的に製品版に切り替わり、料金が発生します。

なので、無料体験だけしたい人は無料体験期間が終わる前に無料体験を解約しなければなりません。

無料体験期間はCreative Cloudアプリのダウンロードから7日間です。

仮に月曜日にダウンロードした場合は、翌週の日曜日までに解約してください。月曜日になった瞬間料金が発生します。

詳しい解約方法はAdobe公式がまとめてくれているので、以下のリンクからご覧ください。

無料体験の解約を忘れていた場合

全額返金される条件
引用:Creative Cloud サブスクリプションの条件と返金ポリシーについて

無料体験の解約を忘れていて、製品版に切り替わってしまったとしても、切り替わってから14日以内なら全額返金してもらえます。

方法は単純で、普通の解約のときと同じように解約するだけです。

14日経過後は解約するとキャンセル料がかかるので、無料体験だけ利用したい人はくれぐれも注意してください。

Adobe Creative Cloudの学生プランの購入方法

ここからはAdobe Creative Cloudの学生プランの購入方法について解説していきます。

【前提】Adobe Creative Cloudの学生プランを購入するための条件

まず、前提として、Adobe Creative Cloudの学生プランを購入するために満たすべき条件が2つあります。

条件①:中学校、高等学校、大学、高等専門学校、特別支援学校、専修学校、各種学校に通う13歳以上の学生/生徒であること

小学生やAdobe指定の学校に通っていない人は学生プランを購入できません

自分の通う学校が対象になっているかどうかは「教育機関・学生・教職員向け 購入対象チェックページ」で確認できます。

条件②:学生であることが証明できる

〇〇@✕✕.ac.jpなどの学校用のメールアドレスがある場合、登録するときにそのメールアドレスで登録すれば学生であることの証明になります。

学校用のメールアドレスがない場合は、後々以下のような資格証明書類の提出が求められます。

  • 学生証/学生手帳
  • 在学証明書
  • 健康保険証(中学生に限る)

出典:[購入ガイド] 学生・教職員個人版のご購入資格について

普通の学生/生徒であればあまり気にする必要はありませんね。

購入手順

それではAdobe Creative Cloudの学生プランの購入手順を簡単にご説明します。

手順①:「Amazon Creative Cloud 学生プラン 購入ページ」にアクセス

手順②:「購入する」をクリック

購入ページ

手順③:メールアドレスの入力

※〇〇@✕✕.ac.jpなどの学校用のメールアドレスがある場合は、そちらを入力してください。購入資格の証明になります。

もし、学校用のメールアドレスを持っていない場合は、後々、学生証や学生手帳などの購入資格証明書類の提出を求められる場合があります。

出典:[購入ガイド] 学生・教職員個人版のご購入資格について

メールアドレスを入力

入力が終わったら、「続行」をクリック

手順④:支払情報の入力

月々払いの場合は、そのままクレジットカード情報を入力してください

※月々払いではクレジットカードしか利用できないため、クレジットカードを持っていない人は一括払いのみになります。

支払い情報を入力
一括払いに変更する方法

まず以下のように「年間プラン(月々払い)」をクリックし、「年間プラン(一括払い)」クリック

年間プランを月々払いから一括払いに変更

すると、支払い方法が「クレジットカード」「銀行振り込み」「コンビニエンスストア支払い」から選べれるようになるので、好きな支払い方法を登録

支払い方法を選択

手順⑤:在籍中の学校の情報の入力

学校の情報を入力

入力が終わったら、「同意して購入」をクリック

手順⑥:登録したメールアドレス宛に届いたメールにしたがってダウンロード

以上が購入手順になります。

よくある質問

質問①:学生プランの有効期間中に学校を卒業したらどうなる?

有効期間中は学生プランを使い続けることができます

学生プランは年間プランのみなので、卒業直前の3月に購入した場合、翌年の3月まで学生プランを利用できます。

3月に大学や専門学校を卒業予定のみなさんでも、3月31日までにAdobe Creative Cloudをご購入いただくと卒業後も1年間学割価格でご利用いただけます。

引用:この春卒業する学生の皆様へ

質問②:子供や知人のメールアドレスや学生証を利用して登録しても良い?

ダメです。

学生・教職員個人版は対象となるご本人のみが利用可能なライセンスとなります。 ご家族であってもご利用いただけません。

引用:学生・教職員個人版 よくあるお問い合わせ

質問③:商用利用は可能なの?

可能ですが、一部の機能で利用が制限されている場合もあります。

基本的に商用利用が可能です。マテリアルや一部機能で使用が制限されている場合があります。詳細は製品に同梱されているエンドユーザー使用許諾書及びアドビ基本利用条件をご確認ください。

引用:学生・教職員個人版 よくあるお問い合わせ

まとめ

今回はAdobe Creative Cloudの学生プランの全てを解説しました。

学生である”“しか購入できないお得なサービスなので、気になっている方はすぐに購入しちゃいましょう!

コメントを残す

CAPTCHA


PHP Code Snippets Powered By : XYZScripts.com