大学生活が不安な方に伝えたい【大学での友達の作り方】

こんにちは、ラクトと申します(‘ω’)ノ

今回は、「大学生活が不安でしょうがない」という新入生の方に向けて、「どうやったら大学で友達が作れるか」ということについて解説していきたいと思います

それではどうぞ!

1 友達作りは最初が超大事!

これがこの記事で一番言いたいことなんですけど、大学で友達を作れるかどうかは「最初どう行動するかで90%決まる!」ということです。

ではなぜ最初が肝心か?

それは、5月ぐらいになると、ある程度グループが出来上がってきて、輪の中に入るのがとても難しくなるからです!だから、グループが出来上がる前に自分のグループを作ってしまわないと、ぼっち大学生が誕生してしまうのです

人見知りで人に話しかけるのが苦手…」という方もいると思いますが、今だけは頑張って自分の殻を破りましょう!じゃないと本当にぼっちになってしまいます!

友達が出来なかったことをずっと後悔するか、最初勇気を振り絞って話しかけるか、どっちが良いかと言われたら、後者を選ぶしかないですよね

では次は、どのタイミングで友達が作れるのかを解説していきます

2 友達を作るタイミングはこの3つ!

新入生が大学に入学して友達を作るタイミングは3つあります

各タイミングは時系列順に並べています

① 健康診断

まず最初のタイミングは健康診断です!

ではどうやって健康診断で友達を作るかというと、「健康診断の順番待ちをしている間に話しかける」です!

順番待ちをしている間は、各々携帯を見たり、大学の資料を見たりと暇を持て余しています。そのため、順番待ち中に話しかければ、大体の人は自分に興味を持ってくれます!

そうして「暇だね~」とか、「どこから来たの?」とか適当に話しかけて、「好きなゲームは?アーティストは?」と会話を重ね、出来れば「ライン交換しない?」というところまで行きたいですね

ただ、3つのタイミングの中では一番友達を作りにくいと思います。なぜなら、健康診断は基本的に個人で行うものなので、話しかけるタイミングが順番待ち以外にほぼないからです

なので、ここで友達が作れなかったからと言って落ち込む必要はありません

② オリエンテーション

学部での友達を作るならばオリエンテーションが一番重要です!!

オリエンテーションは「これから大学でどういうことを学んでいくのか」、「クラス分けや、コース選択」などなど、大学に関する重要な情報が手に入れられる場です

で、ほとんどの大学生がこのオリエンテーションで最初の友達を作ると言っても過言ではないです。

オリエンテーションでの友達の作り方は、「横の席の人に自分から話しかける」です!

この「自分から」というのが大事で、友達作りは攻めたもん勝ちなんですよ。確かに相手から話しかけてくれるのを待っていてもいいのですが、もし相手も自分と同じことを考えていたらどうでしょうか?お互いに、「まだかまだか」とうずうずしたまま、何も起きずにオリエンテーションが終わってしまいます

そうならないためにも!自分から話しかけることが重要なのです!

では何を話せばいいかというと、「どこから来たのー?」や、「名前なんて言うのー?」といった感じで話しかけて適当に話を広げます。そこでできればラインの連絡先を交換出来ればいいですね

オリエンテーション後

そして、重要なのはオリエンテーションの後に、その人と一緒にどこかに行ったりすることです。おすすめとしては、「学食を食べに行く」のが良いと思います。学食ならば、ハードルとしてもそんなに高くないので誘いやすいと思います。もし、何かに誘うのは難しいのでしたら、「一緒に帰る」だけでもいいと思います。

オリエンテーション後にさらにそうした行動をすることで、親睦を深めることができ、オリエンテーション後も友達のままでいられる可能性がグッと上がります。逆にオリエンテーションで話しかけるだけではあまり親密な関係にならずに、「よっ友」になる可能性大です

オリエンテーションで出来れば1人友達を作りたいですね

体験談
実際僕も、上記のように、「自分から話しかけた」のですが、その時話しかけた人が、今では一番の友達なので、勇気を振り絞って話しかけて本当に良かったと思います。とりあえず話しかければ何かと会話が続くと思うので、「話しかける」ことさえできれば後は楽ですよ♪

③ 新歓

新歓は、学部関係なく友達を作るのには最適の場です!逆に学部の友達を作るのにはあまり適していません。

とりあえず興味があるサークルや部活の新歓のイベントに出来るだけ参加しましょう

で、新歓のイベントでも大切なのが、「自分から話しかける」ことです!新歓のイベントは結構話しかけやすい雰囲気だと思うので、健康診断やオリエンテーションに比べれば話しかけるハードルは低いと思います

また、一緒に運動したりするので、親密になりやすいですし、その場の勢いで新歓後に、「カラオケやボウリング」に誘ってみるのがいいでしょう。

<注意点>

少し注意しておくべきことは、「新歓で出会った人と大学で合うことはほぼないかもしれない」ことです。つまり、新歓でせっかく仲良くなったのに、学部が違うせいでその人と自然と会う機会がほとんどないかもしれないのです。

そのため、新歓はそのサークルや部活に入らないのであれば、友達を作るのは難しいです。

体験談
僕も、新歓のイベントに何個か行きましたが、そこで仲良くなってライン交換までいっても、その後交友関係が続いた人は一人もいません。「よっ友」になり、「知り合い」になり、「他人」になるのがオチです。

結局同じ部活に入らなければ、新歓の交友関係はその場限りのものになると思います。

3 5月までに友達を作れなかった場合

5月ぐらいになると大体グループが決まりだしてきます。一旦グループが形成されてしまうと、その1年間はそのグループからほぼ変わることはなく、他人が入り込む隙はありません。

そのため、5月中までには、友達を1人でも作っておかなければならないのですが、「友達が出来なかった」という人のために対処方をお教えします。

① 部活、サークルに入る

恐らく、友達が1人もいないという人は、部活もしくはサークルに入っていないと思います。もしそうでしたら、とりあえず興味のありそうな所を探して入るようにしましょう。

部活やサークルならば、どの時期に入っても、先輩が面倒を見てくれますし、同級生とも仲良くなれると思います。

実際、部活かサークルに入れば嫌でも友達は出来ると思うので、入れない理由がないのでしたら入ってしまえば「友達出来ない問題」は勝手に解消されます

② バイトで友達を作る

これはなかなか難しいですが、部活やサークルに入れないのでしたら、バイトで友達を作るしかありません。

バイトなら定期的に合うことになるので、友達になるチャンスはいくらでもありますが、そもそもバイトで友達を作ろうと思っている人ってあまりいない気がするので、自分から積極的に行動していくしかなさそうです。

③ 2年生まで待つ

多くの大学では、2年生になったらコース分けがあると思います。そのコース分け後のオリエンテーションなどを狙いましょう

多分、相手もグループの友達と離れ離れになったりして、不安を感じていると思うので、友達になれる可能性は大いにあると思います

4 最後に:最初が一番大事!自分から話しかける!

大学ってグループが決まると本当にそのまま1年間ずっと固定されるので、とにかく最初にどれだけ行動するかがめちゃくちゃ大事です!

また、何度も言うように、自分から積極的に話しかけましょう!相手も嫌な気持ちはしないはずです!「話しかけてくれたー!!」って嬉しくなってるはず(笑)

最後にまとめを載せておきますので、しっかりと確認しておいてください(^^)/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です