教科書・参考書を売るなら「メルカリ」がおすすめな理由4選

参考書売るならどこが良いんだろう…?

メルカリって高く売れるのかな??

そんな疑問にお答えするために、教科書・参考書を売るなら「メルカリ」がおすすめな理由4選をご説明します!

理由1:とにかく高く売れる

これが僕が「メルカリ」を推している一番の理由です。

その辺の本屋や中古買取屋で教科書・参考書を売る場合、手数料を取られまくってしまいます。例えば、中古で1000円で売れる本だとしても、300円程度で買い取られてしまうこともざらにあるのです。

でもメルカリならば、 中古で1000円で売れる本の場合、手数料・送料を引いても700円ほどが手元に残ります。ちなみに手数料は販売価格の10%、送料は本ならば大体200円以下です。

安い本(中古で500円とか)ならばこの手数料・送料のせいで、儲けがほんの少しになってしまうこともあります。

しかし、教科書・参考書は中古でも1000円以上で売れるものも多いため、 本屋や中古買取屋で売るよりもメルカリで売る方がはるかにお得になるのです。

理由2:書き込み・シミがあっても売れる

本屋・中古買取屋では、本に書き込みやシミがあると売れない・売り値がかなり下がることがほとんどです。

しかし、メルカリでは書き込みやシミがあっても、安ければ気にしない方が結構いるため、通常より少し値段を下げるだけで売れることが多いです。

しかも、教科書・参考書の場合、外見よりも内容が重要なので、多少書き込みやシミがあったところで、あんまり気にならない人も多いと思います。実際僕も気になりません。

理由3:利用者数が圧倒的に多い

メルカリは数あるフリマアプリの中でも頭一つ抜けて利用者数が多いです。

最近では、2021年の9月に月間利用者数が2000万人を超えました。日本人の6人に1人はメルカリを使ってるってことですね。(出典:フリマアプリ「メルカリ」、月間利用者が9月単月で2,000万人を突破

利用者数が多いことによって次のような良いことがあるのです。

・売れるのが早い

・買いたい人が多いから、人気の商品はほぼ定価で売れる

・メルカリの使い方やトラブルの対応方法などのノウハウがネットにたくさんある

つまり、フリマアプリで教科書・参考書を売るなら、迷いなくメルカリを選べばOKってことです。

理由4:クーポンやキャンペーンがお得

メルカリでは頻繁にクーポンが発行されたりキャンペーンが開催されています

例えば、現在2022年3月28日まで「期間中の売上が最大3倍になる」というキャンペーンが開催されています。

このようなイベントが何かしらほぼ毎日開催されているので、そのタイミングで出品することで更に高く売ることができます。

登録方法

それではまだメルカリを登録していない人のために、メルカリの登録方法をご説明します。

手順1:メルカリをインストール

まずは以下のリンクからメルカリをインストールしましょう。

メルカリ(メルペイ)-フリマアプリ&スマホ決済
メルカリ(メルペイ)-フリマアプリ&スマホ決済
開発元:Mercari, Inc.
無料
posted withアプリーチ

今回はiPhoneを使って説明しますが、Androidスマホでも大体同じです。

手順2:メルカリを起動

① インストール後、「メルカリ」を起動
② 説明ページが表示されるため、「次へ」を押し続ける
③ 最後の青色のページになったら「メルカリをはじめる」を押す

手順3:登録方法を選択

お好きな登録方法を選択してください。

今回は「メールアドレスで登録」を選択したと仮定して説明を続けますが、他を選んでもほぼ同じ画面になるので安心してください。

手順4:会員登録

次に会員登録を行います。

メールアドレス・パスワード・ニックネーム設定

お使いのメールアドレスを入力し、パスワードを設定してください。メールアドレスはGmailでもYahooメールでも何でも大丈夫です。

また、ニックネームはメルカリ上で表示される自分の名前です。本名にした場合、本名が公開されてしまうので注意しましょう。後から変更することも可能なので適当でも大丈夫です。

招待コード

招待コードに「PJBKEF」と入力すると、メルカリ内で使える500円分のポイントがもらえます

過去には「2022年2月1日~2月28日の期間限定で、もらえるポイントが1000ポイントになる」というイベントもあったので、今イベントが開催されているか確認してみてください。

手順5:本人情報登録

ここは間違いのないように気を付けてください。嘘の情報はもちろんダメですよ。

生年月日も適当にしがちですが、後々「本人確認」というものをするときに必要になるので、正しい情報を入力してください。

手順6:電話番号登録

本人確認のため、電話番号を登録してください。

「次へ」→「送る」を押すと、SMSで認証番号が届くため、番号を入力し、「認証して完了」をタップして登録完了です。

お疲れ様でした!

大量の教科書・参考書を売りたいなら「買取に出す」のがおすすめ!

確かにメルカリは教科書・参考書を高値で売ることができるのですが、1冊1冊売らないといけないため、やっぱり面倒に感じることもあるんですよね。

もし、大量の(例えば20冊とか)教科書・参考書を売りたいと思っているのであれば、「買取に出す」方がコスパが良いかもしれません。

僕のおすすめの買取業者は

  • 大学受験受験の参考書・赤本なら「学参プラザ
  • 大学の教科書・専門書なら「専門書アカデミー

で、どちらも教科書・参考書の買取業界の最大手です。

ここで気になるのが

買取に出すのって面倒なんじゃないの?

ということだと思うのですが、実はめちゃくちゃ簡単なんです。

なぜそんなことが言えるかというと、実際に僕も「学参プラザ」「専門書アカデミー」で買い取ってもらったことがあるからです。

僕も買取に出す前は「絶対面倒くさいんだろうなぁ~」と思っていたのですが、いざやってみたら拍子抜けするほど簡単にできました。

やったことといえば「本を段ボールに詰める」だけでしたね。あとは、家に回収に来てくれるので、そこで段ボールを渡して査定を待つだけです。

なので、大量の教科書を処分したい場合は「学参プラザ」または「専門書アカデミー」で買い取ってもらうのがおすすめです!

公式サイトはこちら↓

大学受験参考書・赤本、予備校テキスト専門買取サイト「学参プラザ」

大学教科書・専門書・医学書 専門買取サイト「専門書アカデミー」

また、以下の記事で学参プラザ・専門書アカデミーの解説をしているので、良かったらご覧ください。

まとめ

今回は教科書・参考書を売るなら「メルカリ」がおすすめな理由4選を解説しました。

教科書・参考書は本屋・中古買取屋ではかなり安く買い取られてしまうので、ぜひともメルカリで売るようにしてみてください。

メルカリ(メルペイ)-フリマアプリ&スマホ決済
メルカリ(メルペイ)-フリマアプリ&スマホ決済
開発元:Mercari, Inc.
無料
posted withアプリーチ