【初学者向けのみ】電磁気学のおすすめの参考書3選

初学者におすすめの電磁気学の参考書3選

こんにちは、くるです。今回は

電磁気が全然分からん!

とイライラを抑えきれない方のために初学者におすすめの電磁気学の分かりやすい参考書を3つご紹介します。

参考書は以下の条件を満たすものを選びました。

・堅苦しくない
・難しい言葉、記号を使っていない
・図や例を多く用いている

【学生限定】Prime Studentがお得

Prime Student」はAmazon Primeの学割版です。月額250円払うだけで、

  • 通常配送・お急ぎ便が無料(通常400円ほど)
  • アニメ・映画見放題「Prime Video」
  • 200万曲聞き放題「Prime Music」
  • 本3冊以上同時購入で10%ポイント還元

などの特典を利用することができます。

しかも、「6か月間無料で体験できる」ので、ぜひ気軽に試してみてはいかかでしょうか。

学生の間しか使えないので、早めに登録しないともったいないですよ。

Prime Studentの特典内容や登録方法について詳しく知りたい方は以下の記事をご覧ください。

史上最強図解 これならわかる!電磁気学

著者遠藤雅守ページ数344
発売日2014/8/11試し読みはありません

図やイラストがとにかく多い参考書です。恐らくこの本以上に図やイラストがある本はありません

電磁気は頭の中でイメージするのが特に難しい分野ですが、この本を使えばイメージで苦労することはないでしょう。

練習問題は少ししかないので、副読本として使うのがベストだと思います。

先生
先生

物理的なイメージをしっかりと理解したい方におすすめです!

電磁気学がわかる

著者田原真人ページ数256
発売日2011/7/7試し読みはこちら(PCのみ)

こちらも図やイラストが多めの参考書です。

定理や法則の導出が丁寧で分かりやすく、「どうしてこうなるのか?」を解消してくれると思います。

余白が十分に取ってあるので見やすく、よくある「字が多すぎて読む気にならん!」状態を回避することができます。

例題がほんの少しありますが、演習問題は一切ないので、こちらも副読本として使うのが良いでしょう。

先生
先生

定理・法則を数式的にしっかり理解したい方におすすめです!

電磁気学I – 電場と磁場
電磁気学II – 変動する電磁場

著者長岡洋介ページ数230
発売日2017/12/6試し読みはこちら
著者長岡洋介ページ数354
発売日2017/12/6試し読みはこちら

他の2冊より図やイラストが少なめの、少しレベルの高い参考書です。

ところどころに例題が入っており、章末には演習問題が3問ほどずつあります。演習問題の解答は略解ではあるものの、まぁまぁ丁寧です。

内容は少し難しめで、高校生や文系の方には難しいと思いますが、理系の方には良い難易度だと思います。

分冊になっているので持ち運びは不便かもしれませんが、1冊1冊は小さくて持ち運びやすいです。

先生
先生

電磁気の基礎をしっかり学びたい方におすすめです!

まとめ

今回は初学者におすすめの電磁気学の参考書を3冊ご紹介しました。

電磁気って本当に概念をイメージするのが難しい分野だと思うので、分かりやすい参考書を使って勉強頑張ってください!